事業用資産の買い換え!

西荻計画

西荻計画

西荻計画が始まりました!
「事業用資産の買い換え」とは・・・・
個人が、事業の用に供している特定の地域内にある土地建物等を譲渡して、一定期間内に特定の地域内にある土地建物等の特定の資産を取得し、その取得の日から1年以内に買換資産を事業の用に供したときは、一定の要件のもと、譲渡益の一部に対する課税を将来に繰り延べることができます(譲渡益が非課税となるわけではありません。)。
これを、事業用資産の買換えの特例といいます。
この特例を受けますと、 売った金額より買い換えた金額の方が多いときは、売った金額に20%を掛けた額を収入金額として譲渡所得の計算を行います。
売った金額より買い換えた金額の方が少ないときは、その差額と買い換えた金額に20%を掛けた額との合計額を収入金額として譲渡所得の計算を行います。
※国税庁のホームページより抜粋
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3405.htm

今回のケースは、事業用の倉庫の土地収用による事業変換プロジェクト。
詳細については、改めてコラムにてご紹介をいたします!

●お問合せ    ●TOPページ  東京の賃貸経営ガイド
株式会社ティーズプランニング 西武新宿線・武蔵関