駆け込み需要が急増!住宅エコポイントの期間短縮。

FQ045_L

5月14日、国土交通省より住宅エコポイントの受付対象期間の短縮が発表されました。本来、今年末(12月31日)までだったものが、平成23年7月31日までに着工した対象物件となりました。
詳しくはこちら!

賃貸住宅の場合、戸数も多く支給額も大きく、また外構工事などに充当もできるため、実質の値引きとしても活用されていたため、 震災以降建築に迷われている方々の、駆け込み需要が増えてきているようです。

例えば、12世帯の賃貸住宅を建築する際、30万エコポイント×12世帯で360万エコポイントが支給されるため、外構費用などをそっくり充当できる大きなメリットがあったため、建築オーナー様には大変喜ばれていました。

期間があと2ヶ月を切った中、一時的なメリットに目を向けられるケースもあるかとは思いますが、賃貸経営は、長きに亘る壮大な事業。しっかりとしたプランを構築することがとても重要。近隣の賃貸ニーズや賃料の動向なども、今一度チェックをしてご判断をされることをお勧めします。


賃貸住宅の建築や、賃貸経営(入居者トラブルや家賃滞納などなど)に関する無料相談を実施しています!

当サイトでは、賃貸住宅の建築や、入居者との各種トラブルや賃貸住宅の管理など、賃貸経営全般に関する無料相談を随時に行っています。お気軽にご活用ください。

●お問合せ    ●TOPページ  東京の賃貸経営ガイド
株式会社ティーズプランニング 西武新宿線・武蔵関